ローンの借り換え

実は、ローンの借り換えで、

なんと600万も
削減することができることがある

って知っていましたか?

住宅ローンの支払いに辛い日々を過ごしている人も多いことでしょう。加入する前は「大したことない」と思っていた毎月の支払いも35年続くと思うと憂鬱な気持ちになります。子どもが小さいときなどに購入した人も多いと思われますが、子ども大きくなるにつて教育費や生活費などの出費も増えていきます。給料も「毎年少しずつでも増えていく」と思ってはいたものの、なかなかうまく上がらなかったりするものです。長期にわたるローン返済の間にはいろいろな予想外のことが起きるものです。

そんなとき「ローンの借り換え」を考えてみましょう。まず覚えておきたいことは、同じ銀行内では「借り換え」はできないことです。これ意外と盲点です。次に「借り換え」をしたほうがよいのか、という判断基準です。「借り換え」をしてもメリットがなくてはなんの意味もありません。借り換えをするには、一般的に以下の条件に当てはまると削減できる可能性が大きいです。

借り換えをするとローンが削減できる可能性がある人

  • 残存期間が10年以上ある人
  • ローンの残高が1,000万円以上ある人
  • 現在の金利が3%以上の人
  • 自分のローン残高がわからない人

この条件に当てはまらない人でも

例えば残高が800万円で金利差が2%以上なら、借り換えのメリットはあります。借り換えで注意しなければならないことは新たに組むローンの返済期間は前のローンの返済期間の残り期間に限られていることが多いことです。

これを一人の力でするのはちょっと大変ですよね。そういう時は、住宅ローン借り換え代行サービスを利用しましょう。サービスを利用するにしても、結局削減できず、お金だけかかってしまうのは嫌ですよね。そのような場合、成功報酬型の代行サービスを選びましょう。成功報酬型であれば、もし住宅ローンが削減できなかったとしても、一切費用はかかりません。これだと安心ですね。

おすすめの住宅ローン借り換え代行サービス

おすすめの住宅ローン借り換え代行サービスは、「住宅ローン借り換えセンター」さんです。おすすめ理由は先にも述べたように、成功報酬型のサービスであることです。また、自分でできれば良いのですが、知識も必要なのでなかなかできないのが現状。専門のサービスを利用すれば、住宅ローンや建築のプロが対応してくれるのが大きなメリットです。最新の金利状況を把握しているからこそ、最適な削減プランを提案できます。銀行は店頭金利という形で金利を公表していますが、これは店頭表示の金利(希望金利)であって、実際は店頭金利よりも低い優遇金利という制度を用いているのです。この優遇金利はお客さんの属性や与信によって変化する場合がほとんど。銀行に多くのローン案件を紹介する専門家に対しては、紹介したお客さんの貸付金利を優遇してくれる場合が多々あるそうです。これだと自分でやるよりお得に借り換えができそうですね。

いきなり問い合わせが不安な方は、無料の借り換え診断をしているので、一度試してみましょう!

自己資金ゼロでできる「住宅ローン借り換えセンター」さんの

無料の借り換え診断はこちら

住宅ローン借り換えの実際の事例

  • Aさん 38歳 ☆総額601万削減☆

    ローン残高
    3,000万
    ローン残り期間
    25年
    金利
    2.2% → 0.775%
  • Bさん 43歳 ☆総額636万削減☆

    ローン残高
    2,000万
    ローン残り期間
    20年
    金利
    4.0% → 1.3%
  • Cさん 40歳 ☆総額501万削減☆

    ローン残高
    2,500万
    ローン残り期間
    25年
    金利
    2.2% → 0.775%

これだけ金利が下げられれば大幅に住宅ローンが削減できそうです。聞かないと損ですね!

自己資金ゼロでできる「住宅ローン借り換えセンター」さんの

無料の借り換え診断はこちら

更新履歴