住宅ローンアドバイザーという資格

住宅ローンアドバイザーというのは、国土交通省の調査研究会が主催している資格の一つです。
住宅ローンアドバイザーの資格を持っていれば、住宅ローンを利用しようと思っている人に適格なアドバイスをすることが出来ますし、一緒に今後の住宅ローンについても色々と相談に乗ることが出来ますから、今住宅ローンアドバイザーのニーズは高まっているのが現状です。

住宅ローンアドバイザーは、銀行で働いている人や、フィナンシャルプランナーなどが持つとメリットの高い資格です。
住宅ローンアドバイザーは、住宅ローンのことについてのプロといってもいい存在ですから、わかりやすく住宅ローンについて説明してあげたり、アドバイスをしてあげることになります。住宅ローンアドバイザーの需要というのはこれからもどんどん上がっていくと予想されていますからこれからも資格を取得するメリットは高いといわれています。

活躍の場が広がっています

住宅ローンアドバイザーは、住宅ローン商品の内容をよく理解した上で、自分が持っている知識を使って、利用する人にとって最適な住宅ローンについてアドバイスしたり説明をするというのが仕事です。
今までは住宅ローンについて質問されても担当者がいまいちよくわかっていないということもよくありましたが、最近はハウスメーカや金融機関、フィナンシャルプランナーなど、色々な場所で住宅ローンアドバイザーの資格を持っている人が増えていますから、住宅ローンアドバイザーとして活躍の場も広がっています。