住宅ローン借り換えナビ

住宅ローン借り換えは代行サービスに相談して家計の負担を削減しよう!

男の子
男のプロポーズ勝ちパターン

実は、住宅ローンの借り換えで、

600万も削減
できることがある

って知っていましたか?

住宅ローンは何十年も返済していくものなので、人によっては違う金融機関のローンに借り換えたほうがお得になることもあります。

住宅ローンは本来、「キャッシュでは購入できない家を一般人が無理せず購入するため」に用意されたもの。住宅ローン控除をはじめとした税の優遇措置も、家を買うためのローンだからこそ利用できるようになっています。

住宅ローンの借り換えローンは、「家を買うため」ではなく「住宅ローンを一旦完済して新しいローンを組むため」のものなので、住宅ローンの借り換えをネガティブに捉える方もいらっしゃいます。

しかし、一定の条件を満たした上で借り換えをする場合、借り換えローンに切り替えても住宅ローン控除を利用できるのです。[注1]

今回は、借り換えローン利用時の手間や時間を大幅に圧縮できる「住宅ローンの借り換え代行業者」を頼る際の流れや、借り換えを選ぶメリット、借り換えが必要ない人の条件などを順番に解説していきます。

住宅ローンの借り換えはより好条件のローンに変更する手続き

新築

住宅ローンの借り換えとは、「いま組んでいる住宅ローンより、金利等の条件がよい住宅ローンに変更する手続き」のことです。

住宅ローンは、20年30年と長い時間をかけて少しずつ返済していきます。ただ、住宅ローンの金利は、基本的にローンを組んだ当時の景気によって上下するため、ある年に家を買った人は住宅ローン金利が高くて、ある年に家を買った人は住宅ローン金利が安くなったりしてしまうのです。

ローンを完済するまでずっと利子がかかることを考えると、金利が高いときに住宅ローンを借りてしまった人は金銭的な負担が大きくなってしまいます。そこで、金利の高い住宅ローンや保障の少ない住宅ローンを一旦やめて、もっと条件のよい住宅ローンへ借り換えることができる「借り換えローン」という商品を金融機関が提供しているのです。

返済期間が長いからこそ時代に合わせたローンの借り換えが必要

住宅ローン借り換えの計算

住宅ローンの金利は、時代に合わせて変わります。例えばフラット35で35年返済、金利1.5%で2,500万円のローンを組んだ人が、金利1.3%でローンに借り換えると、月々の返済額が2,000円も安くなるのです。

返済総額を比較すると、金利わずか0.2%の違いが、最終的に101万円もの差になってしまいます。家計の管理を考えると、住宅ローンの返済に回すお金は1円でも少ないほうが楽ですよね。子供が生まれたり、子供が大きくなったり、家族が病気になったりと、人生では思いもよらない出来事が起きる場合もあります。

住宅ローンの返済を滞納すると、家を差し押さえられて自宅を手放すことになってしまうため、どれだけ生活が苦しくても住宅ローンの返済をやめることはできません

家を買えば毎月必ず支払う費用だからこそ、見直してお得になる人は積極的にローンを見直して借り換える必要があるのです。

住宅ローン借り換え代行業者を利用する3つのステップは相談・契約・融資

住宅ローン借り換え代行業者に相談

住宅ローンの借り換えをする場合は、借り換え代行業者に頼りましょう

ただ、住宅ローンの借り換え代行業者なんてほとんどの人が利用したことがないので、「本当に信頼できるの?」「だまされたりしない?」「手順がわからないからどう手続きをすればよいのかわからない」と不安を覚える人がいるのも当然です。

ここでは、住宅ローンの借り換え代行業者を利用する際の流れを相談・契約・融資の3ステップで説明していきます。

ステップ1.借り換え代行業者へ相談

最初のステップは、借り換え代行業者に相談すること。多くの借り換え代行業者では、メールや専用のフォーム、電話を使った無料相談を受け付けています。最初の段階では一切お金がかからないため、まずは気になる借り換え代行業者を探して、いま組んでいる住宅ローンを借り換えるといくらお金を節約できるのか相談してみましょう。

ただし、住宅ローンを借り換えた場合どれくらいお金を節約できるのか、そもそも自分は住宅ローンを借り換えたほうがよいのかといった判断をしてもらうためには、相談するまえに住宅ローンの残高や現在の金利といった基礎的な情報をそろえておく必要があります。

住宅ローンを組んだときにもらった契約書や、住宅ローン残高をチェックしてから借り換え代行業者へ連絡すると、スムーズに相談することができます。

ステップ2.住宅ローンの借り換えによるメリット等を聞いて契約

借り換え代行業者は、依頼者からの相談に応えて、住宅ローン借り換えの成功をサポートすることでお金を稼ぐ業者です。そのため、住宅ローンを借り換えることでかえって返済総額が高くなってしまったり、いかにも怪しい悪徳金融機関のローンへ案内したりといった、依頼者側に不利な提案や営業はしてきません

住宅ローンの借り換え代行業者はけっして数が多くないため、悪評のたつような仕事ばかりしていると、すぐに口コミやレビューが出回って仕事を取れなくなってしまうからです。

ただし、借り換え代行業者によって、提案できるメリットには差があります。おすすめされる金融機関のローンや節約できる返済額などを確かめて、気に入った借り換え代行業者を見つけたら正式に契約を交わしましょう。

ステップ3.住宅ローンの借り換えローンに申し込んで融資してもらう

住宅ローンの借り換え代行業者と契約したら、本格的に住宅ローンの借り換えをはじめます。ただ、どの金融機関のどの借り換えローンに申し込むのか、ローン審査に必要な書類はどれなのかといった細かい確認事項は、基本的に借り換え代行業者側がまとめてやってくれるため、自分で借り換えローンを探すよりも作業量はずっと少ないです。

ローン審査を申し込む金融機関を決めたら、借り換え代行業者側の指示に従って必要書類等をそろえ、ローン審査を受けましょう。無事にローンの審査に通ったら、借り換えローンを融資してもらっていま組んでいるローンを一旦完済し、残った借り換えローンの残高を返済していくという流れです。

住宅ローン借り換え代行業者を利用するメリット

住宅ローン借り換え代行業者を利用するメリット

借り換え代行業者を利用する流れは、無料相談を受けて契約し、サポートを受けつつ借り換えローンの審査に申し込むだけ。まとめるととても簡単ですが、実際に個人で借り換えローン選びや必要書類の準備などをするのはかなり大変です。

借り換え代行業者に頼むメリット

  • 借り換えにかかる時間を大幅に短縮
  • 住宅ローンの専門家に借り換えてローンの審査をサポートしてもらえる
  • 金融機関の営業トークに流されない
  • 成功報酬型の業者が多く手付け金がかからない

といった住宅ローンの借り換え代行業者を利用するメリットを見ていきましょう。

借り換えにかかる時間を大幅に短縮できる

住宅ローンの借り換え代行業者を利用する一番のメリットは、借り換えにかかる時間を大幅に短縮できることです。通常、すべての手続きをすべて自分たちで担当した場合、人によっては住宅ローンの借り換えが終わるまで半年ほどの時間がかかってしまうこともあります。

とくに面倒なのが、「どの金融機関のどの借り換えローンを利用すればよいのか」を調べる作業です。日本には全国各地に金融機関があって、大手の銀行も地方銀行もネット銀行も競い合うように借り換えローンを提供しています。100種類以上もある借り換えローンを調べ上げ、現在組んでいる住宅ローンから借り換えたときどれくらいお得になるのかを確かめていくと、あっという間に1ヶ月くらいは過ぎ去ってしまうでしょう。

しかも、金融機関によっては時期に合わせてお得なキャンペーンをしていたり、景気の動向に合わせて金利が変わったりする場合もあります。金利等が変わると、再度借り換えた場合どれくらいお得になるのかを計算し直すことになるため、借り換えローンの検討につきっきりになってしまう可能性もあるのです。

いくら一時期がんばれば数十万円単位で住宅ローンの返済額を減らせるとしても、何ヶ月も準備に時間をかけるのはそう簡単なことではありません。

借り換え代行業者を利用すれば、面倒で時間のかかる金融機関選びを、住宅ローンや金利に詳しいローンのプロにお任せすることができます。どの借り換えローンを利用すればよいのかあれこれ悩む時間や労力をまるごと節約できるのです。

住宅ローンの専門家に借り換えローンの審査をサポートしてもらえる

住宅ローンの借り換え代行業者で働いているのは、「住宅ローン診断士」等の資格を持っていたり、保険関係の業務経験を持っていたりするローンや保険の専門家

数多くの借り換えローン相談を受け付けているため、どの程度の収入や返済能力があればどの金融機関の審査に通るのかといった、独自の知識やノウハウを持っています。借り換え代行業者を利用すると、審査を受けても通らない金融機関の借り換えローンを弾いたり、逆に自分たちの条件で申し込める一番よい借り換えローンをピックアップしてもらったりすることも可能です。

また、住宅ローンを借り換える場合、何十枚も重要書類を準備する必要があります。借り換えローンの申し込みに関するさまざまな手続きを代わりにやってもらえますから、楽に住宅ローンの借り換え手続きを進められるでしょう。

何より、住宅ローンの借り換えについてわからないことがあったり、不安になったりしたとき、自分たちの側にたってアドバイスしてくれる人がいるという安心感は大きいです。

各金融機関の営業トークに流されてしまう心配がない

自分で金融機関を回ったりネットで相談したりして借り換えローンを検討するデメリットとして、忘れてはならないのが金融機関の営業トーク。

借り換えローンを提供している金融機関側としては、自分たちの借り換えローンを利用してもらえば、その分金利等で利益を出すことができます。そのため、借り換えローンについて相談にきた相手のことを考えて「うちより○○銀行さんで借り換えたほうがお得ですよ」と伝えることはありません。あの手この手で営業を仕掛けて契約させようとしてくるでしょう。

強気で営業トークを拒否できる人ならともかく、押しにあまり強くないタイプだと、本当ならもっとお得な借り換えローンがあるのに、営業トークに流されてあまりお得ではない借り換えローンを契約してしまう可能性もあるのです。

その点、借り換え代行業者を利用する場合は、自分で金融機関に話を聞きにいって相談するわけではありません。借り換え代行業者側が条件に合わせて住宅ローンの借り換えローンを選んでくれるため、営業トークに振り回されずに一番お得な借り換えローンへ申し込むことができます。

成功報酬型の業者が多く手付け金がかからない

住宅ローンの借り換え代行業者を利用する際、気になるのが利用料金です。いくら住宅ローンを借り換えることで数十万円節約できても、借り換え代行業者にそれ以上のお金を支払う必要があれば、わざわざ代行業者を利用する意味はありません。

しかし、借り換え代行業者の多くは成功報酬型の後払い方式を採用しています。成功報酬型の業者を選べば、借り換え代行業者の力を借りて借り換えローンの申し込みをしても、審査に落ちてしまった場合お金はかかりません。また、実際に業者へお金を支払うのは、審査に通って借り換えローンの融資を受けてからです。

借り換えローンでは、必ずしも現在のローン残高ぴったりの金額を貸してもらうわけではありません。家をリフォームする目的などで借り換えローンを利用する場合は、信用の範囲内で借入額を増やすこともできます。借り換え代行業者の報酬も込みで新しいローンを組んでしまえば、手持ちの資金を崩すことなく支払いを終えることも可能なのです。

住宅ローン借り換え代行業者を利用するデメリット

住宅ローン借り換え代行業者を利用するデメリット

住宅ローンの借り換え代行業者を利用するメリットを押さえたところで、今度はデメリットについても触れていきましょう。

借り換え代行業者に頼むデメリット

  • 業者の腕が悪いとお得に借り換えできない
  • 必ず審査に通るわけではない
  • 手数料がかかる

借り換え代行業者の腕が悪いとお得に借り換えできない

住宅ローンの借り換え代行業者を利用する最大のデメリットは、代行業者の腕や知識によっていくら節約できるかが変わってくることです。相談した借り換え代行業者のスタッフが十分な知識を持っておらず、さらにお得な借り換えローンがあるのに紹介できなければ、借り換えによる最大限の節約はできません。

対策としては、借り換え代行業者1社だけで決めてしまうのではなく、できれば複数の借り換え代行業者に相談して、よりよいと感じたほうに決めることをおすすめします。複数の借り換え代行業者に相談しても、自分で借り換えの手続きをするより時間を短縮できるでしょう。

借り換え代行業者を利用すれば必ず審査に通るわけではない

住宅ローンの借り換え代行業者を利用しても、審査に落ちることもあるので注意が必要です。どれだけ優れた専門家の力を借りても、審査を通るかどうかは申し込みをした本人の与信にかかっています

安定した職業についており、これまで滞納等をしておらず、住宅ローン以外で大きな借り入れがないなど、好条件の与信を積み上げている人なら条件がよく審査の厳しい借り換えローンを十分利用できるでしょう。

しかし、過去に住宅ローンや住宅ローン以外の借り入れで滞納をしたことがあったり、転職して収入が不安定になっていたりする場合、ある程度条件をしぼって借り入れローンを選ぶ必要があります。

手数料がかかる

成功報酬型の後払い方式といっても、お金がかかることには変わりありません。時間と手間をかければすべての手続きを自分ですることも可能なので、お金を払って時間と労力を節約するほうがお得なのか、時間と手間をかけて手数料を節約するほうがお得なのか、よく考えてから相談するとよいでしょう。

ただ、実際に自分で手続きを進めてみないと、住宅ローンの借り換えにどれくらいの手間がかかるかわからないものです。そこで、ある程度自分で調べて手続きをしてみて、無理そうだと感じたり、時間をかけられないと感じたりしたらプロの借り換え代行業者を頼るようにしましょう。

自分で借り換えをしたらいくら節約できるのかを調べたことがあると、プロを頼った場合の節約額を比較できるので、納得して依頼できます。

住宅ローン借り換えでどのくらいお得になるか一例を紹介

住宅ローンを借り換えた場合、どのくらいお金を節約できるのか、いくつか例を見ていきましょう。

ローンが複数あって借り換えは無理だと思っていたけど300万円もお得に

Sさんはいくつかローンを組んでいたので、銀行へ借り換えローンの審査をしても通らないだろうと諦めていました。しかし、知人から借り換え代行業者を紹介してもらい、ものは試しと相談したところ、細かいローンをひとつにまとめれば十分借り換えできると提案してもらえたのです。

諸々の手続きは業者側にお任せできましたし、最終的には住宅ローンを借り換えて300万円分のメリットを出すこともできました。一人ではこの結果は勝ち取れなかったと思うので、勇気を出して相談してよかったと話していました。

より金利の安い住宅ローンへの借り換えで250万円お得に

Aさんは大昔に組んだローンなので「金利が高い」と思いつつ素直に払っていたのですが、同年代で家を建てた人がもっと安い返済で済ませていると聞いて、借り換え代行業者に相談しました。

返済額が高かったのは、ローンを組んだ当時の金利がいまよりずっと高かったからとのこと。借り換え代行業者の担当者からは、病気の特約もついて金利の安い固定金利の借り換えローンを紹介してもらえたので、おおよそ250万円も得することができました。

住宅ローンの借り換えが必要な人、不要な人はどんな人?

住宅ローン

最後に、住宅ローンを借り換える必要がないのはどんな人なのか、目安となる条件をご紹介します。

住宅ローンの借入残高1,000万円がボーダーライン

住宅ローンの金利は、元金がたくさんあればあるほど見直したときのメリットが大きいです。その元金の目安は1,000万円と言われています。例えば、固定金利2.7%でローン残高が1,500万円、残期間が20年とした場合、月々の返済額は8万955円。これを、固定金利1.5%に借り換えると、月々の返済額は7万1,010円となり、毎月9,945円、約1万円が返済額から浮かせられます。

一方、固定金利2.7%でローン残高950万円、残期間が15年とした場合、毎月の返済額は6万4,243円。この残高と残期間で、固定金利1.5%に変えると5万8,971円となり、借り換えで毎月5,272円返済を抑えられます。

ですが、住宅ローンの借り換えには、事務手数料や返済期間、借入金額によって保証料が発生することもあり、これらを踏まえると、1,000万円以下での借り替えは、必ずしも得とはいえません。

返済期間が10年を切っている

住宅ローン借り換えは先述の1,000万円のボーダーラインに加え、返済期間10年を切っているかどうかも、ひとつの目安となります。

さきほどの例と同様、固定金利2.7%で残高が1,500万円、残期間が20年の住宅ローンを、固定金利1.5%に借り換えると月々の返済が1万円ほど抑えられます。ですが、残期間9年、残高639万114円の段階で借り換えると、以下のように支払額は変わります。

  • *固定金利2.7% 6万6,712円
  • *固定金利1.5% 6万3,287年

つまり、10年を切った段階で借り換えると、3,425円しか返済額を抑えられません。

返済期間10年は住宅ローン控除の目安でもある

住宅ローンを借り換えても住宅ローン控除を利用できる条件は

  • *借り換えが最初のローンを返済するために組んだものであること
  • *住宅ローンの返済期間が10年以上残っていること

です。返済期間が10年を切っている場合、借り換えの有無に関係なく住宅ローン控除は利用できません。また、返済期間が短いということは、ローン残高も少ないということです。借り換えをしても、利子の差による大きな節約効果を望めないという問題もあります。

借り換えをしても金利の差がほとんどない

ローンを組む際に重要になるのが金利です。これはローン借り換えにおいても重要な指標です。

固定金利2.7%、ローン残高1,500万円、残期間20年の場合は、月々の支払いは8万955円です。この額を固定金利2.3%で借り換えた場合、毎月発生する返済は、7万8,032円。月々の返済額を2,923円しか抑えられません。

対して、固定金利1.3%に借り換えると、毎月7万1,010円の返済で済み、支払額を9,945円も抑えられます。住宅ローンの借り換えを検討するなら、現在利用しているローンの金利と1%近く低い金利の商品を選びましょう。

現在借りている住宅ローンの金利や保障に不満がない

借り換えローンには、金利等の条件面がほとんど同じでも、疾病保障や団体信用生命保険が充実しているものもあります。

仮に保障の少ない住宅ローンに不満を感じているのであれば、ローンの借り換えを検討してみましょう。

当然ながら、住宅ローンの金利や保障面にとくに不満を感じていないなら借り換えをするメリットはないでしょう。

住宅ローン完済前にリフォームをする予定がない

ローン完済前にリフォームをするかどうかも、住宅ローン借り替えの目安といえます。

古くなった住宅のリフォームには、内容によって数百万円のお金がかかります。住宅ローンが残っている状態でリフォーム用のローンを組むのが大変ですが、借り換えローンを利用してリフォーム費用を融資額に上乗せすることは可能です。住宅ローンは一般的なローンよりも金利が低いため、リフォームする予定がある場合は、金利等が変わらなくても借り換えを考えてみましょう。

一方、家をリフォームする予定がない場合は、住宅ローンの借り換えが不要な場合が多いです。

  • [注1]タックスアンサーNo.1233住宅ローン等の借換えをしたとき|国税庁